» スリーカラー

スリーカラー

金の色のバリエーションとしては、スリーカラーと呼ばれるものがあります。これは、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドという三つの種類になります。

・ホワイトゴールド
18Kの場合、75%の金、15%の銀、ニッケルやパラジウムなどが10%という割合が一般的になっています。黄色と白の中間的な色が、この色にあたります。パラジウムが含まれている場合、そちらのほうが高価になります。ニッケルが含まれている場合、それは場合によってはアレルギー源になることもあります。国産のものでは、パラジウムが含まれているもののほうが多いようですね。
装飾品として、プラチナの代用品として使われるようなこともあります。18Kホワイトゴールドに対してプラチナを混ぜることによって、色が黒っぽくなるものもあります。これは、ブラックゴールドと呼ばれています。

・ピンクゴールド
18Kの場合、75%の金、10%の銀、15%の銅という割合になります。ピンク色を帯びた金というのが、この色の分類になります。工場によっては、さらにピンク色を強めるために他の金属が使われるということもあるようです。また、別称として赤割というものもあり、ローズゴールド、レッドゴールドと呼ばれることもあります。

・イエローゴールド
18Kの場合、75%の金、15%の銀、10%の銅というのが一般的な割合になります。一般的に認知されている金色というものと、非常に近い色であるということになります。ここにさらに銀の割合を足すことによって、さらに黄色を強くすることもでき、これはグリーンゴールドや青割とも呼ばれることがあります。

■人気
軽井沢周辺で別荘を管理致します。まずはお気軽にご相談から!