» 食用金箔って本当に食べて安全?

食用金箔って本当に食べて安全?

金箔を食べても、身体に影響があるということはありません。
金箔というのは、酸化することも腐食することもありませんので、食べたとしてもそのまま出てくることになります。

胃液で溶けるということもなく、唾液によっても一切変質することがないのです。身体の中で、吸収されるということがありません。金の中には微妙な量の銀が含まれているのですが、これも胃液によって溶けるということがありません。金箔は、人間の身体の中では溶かすことができない物質ということです。歯科医療の分野においては、金や銀が使われることもありますが、これが理由になっているのですね。食品においては、仁丹の銀ということで昔から使われてきているものでもあります。金箔は、少量であっても豪華な演出をすることができるものです。なので、お酒、お茶、料理などにもおすすめできます。記念日などの演出に、金箔を使ってみるということも良いのではないでしょうか。