» 金相場

金相場

金の価格は、非常に変動をしやすい相場商品でもあります。
例えば、ニューヨーク、ロンドン、チューリッヒ、香港といった市場は、それぞれ四大金市場ともいわれています。

それぞれが、世界で共通した価値を認められている国際商品として、金の取引を積極的に行なっています。
金の価格というものは、需要と供給のバランスによって決定付けられるものです。
需要が高まれば、品薄の懸念によって金の価格は上昇することになり、それに対して供給が増えすぎてしまうと、供給過多となって金の価格は下がっていきます。