» 金本位制度

金本位制度

各国の中央銀行において、それぞれはそれぞれが発行した紙幣の額と、同等の額である金を保有していることから、紙幣との交換を保証していたという制度になります。
この制度は、金が世界的に価値を認められている金属であるために、成立していたといえるものです。

これにより、紙幣の信頼を維持することができるという目的がありました。紙幣を持っているというのは、意味としては中央銀行にそれと同じだけの額の金を預けている、ということになっていました。金を持ちあるくのではなく、あくまで紙幣というものを代替品として所有している、ということになるのです。
そして、所有をしている紙幣が増えることによって、それに応じて同じ額の金の貯蓄が、中央銀行に増えていくという考え方になります。19世紀後半、20世紀初頭ごろでは、世界の主要国では実際にこの金本位制度は採用されていました。
ですが、1971年になって起こったニクソンショックによって、金本位制度は終焉を迎えることになり、変動為替相場制へと移っていくことになります。日本においては、金本位制度が採用されていた時代がありましたが、1942年になると日本銀行法の制定によって、日本でも金本位制は終了することになります。これによって、不換紙幣が発行されることになったためです。
不換紙幣というのは、金と交換をすることができない紙幣、金と交換をすることを義務としない紙幣、ということです。政府によって発行量の調整を行なうことができ、信用を維持できるということになりました。
現在は、この金本位制は採用されていません。そのために、紙幣を中央銀行で金と交換をすることはできなくなっています。ですが、交換そのものはできないということでも、支払い準備金としての用意で、金自体の保有は続けているようです。世界では、金というものがそれだけ価値を認められている金属であり、金の価値はこれからも不動であるだろうと考えられます。