» 金閣寺の金箔は分厚い!

金閣寺の金箔は分厚い!

金箔の厚みというのは、0.1ミクロンほどのものです。とても薄いというのが、この金の性質なのです。
では、金閣寺というのは金箔で貼られた建築として有名ですが、ここに使われている金箔の薄さはどれほどのものになっているのでしょうか。

普通の金箔と同じだけの薄さであったら、すぐにはがされてしまいそうな気がします。
しかし、実際にはこの金閣寺に使われている金箔は、通常の五倍の厚みを持っているものになるのです。だからこそ、簡単にはがされるということがありません。縁付箔であり、色は一号色になっています。金閣寺というだけあって、やはりさすがのスケールがありますね。この金箔は、数年経過するごとに張替えを行なっているようです。だからこそ、これはいつまでも輝きを保っているのです。

LINK