» 金の価格の決まり方

金の価格の決まり方

金の国際価格は、トロイオンスといわれているものです。
1トロイオンスの価格は米ドル基準で、為替レートによって円の価格へと換算され、それが日本国内での1グラムの金の価格の計算になります。

金の価格が決定されるのは、需要と供給の関係によって決まることになります。需要が高まることによって、品薄が懸念されることから金の価格は上昇していきます。それに対して供給が増えていくことで、供給過多から金の価格が下がることになります。
そして、世界経済の動きやインフレなどの影響も受けて、値段へと影響をしていくことになります。世界経済の低迷によって、信用不安は拡大していきます。その場合、投資家としてはリスクを回避したいと思うようになりますので、安全資産といわれている金への投資を行なっていき、それが需要の高まりへとつながります。つまり、金の価格が値上がりを起こすのです。
それに対して、信用不安が減ることになれば、投資家はリスクを取ることになりますので、株式などへの投資が増えていきます。それは金の需要を低くすることにつながり、金の価格が下がるのです。

おすすめサイト