» 金の純度

金の純度

金は、24分率によってその純度が表現されることになります。純金であれば、それは24金であったり24カラット、K24ということで表現されます。
金が含まれているのがどれくらいであるかによって、数値の変化が起こることになります。

18金といわれることもあります、これは金の純度が18/24であり、つまり75%であるということです。
装飾品であれば、750という刻印がされます。宝石で良く使われているカラットと、この場合のカラットは意味が異なります。
日本では、99.99%以上の純度を持っている金であれば、24カラットと表示をしても良いということになっています。
また、純度の度合いが0.995などの数値で表されることもあります。